学生のうちに身につけたいSEO対策

seo_kiso

SEO(Search Engine Optimization)とは

・Search(サーチ) = 検索

・Engine(エンジン) = 機関

・Optimization(オプティマイズ) = 最適化

SEOは「Search Engine Optimization」の略称であり、「検索エンジン最適化」という意味を持ちます。SEOをWebサイトに実施することでGoogle”Yahoo”などの検索エンジンによる検索結果が上位に表示されるようになり、結果としてアクセス数の増加に繋がります。

つまり、より多くのネットユーザーに運営する『Webサイト』や『ブログ』を見てもらうためには、必要不可欠な能力となるわけです。

SEO対策の実施例

SEOには、検索エンジンを運営する企業によって独自に決められたルールが存在します。また、そのルールは一般的に公開されておらず、ルールを構成する要素は多岐にわたるため、検索順位を規定する計算式は複雑なものとなります。

こうした理由により、SEO対策の実施において完璧な対策というものが講じられなくなっています。これから紹介されるSEO対策は、現在有効とされている基本的なものとなります。

1.キーワードを設定する。

SEO対策において基本中の基本となることは、まずキーワードを選定することです。
Webサイトやブログへのアクセスを増やすためには、ネットユーザーがどのような検索キーワードを使うのか予測して、それをページ内のタイトルや記事に組み込んでいくことが大切です。

また、キーワードによってはすでに他社が運営するWebサイトで使用されていたりするケースがあります。競合相手が多ければ多いいほど、そのキーワードでの独占は難しくなり同時に難易度が上がってしまいます。

このため安易にキーワードを決定してしまうと、思ったようにSEO対策の効果を得られなくなってしまう場合があるので、SEOキーワードを選定する際には、入念な下調べをする必要があります。
キーワードを選定する方法については、SEOキーワード選定の手順をご覧ください

2.SEOに有効な文章量を載せる。

検索順位と文字数には明確な基準というものはありません。
検索エンジンはユーザーの求める情報に関連の高いコンテンツを表示しています。その為、ユーザーの求める情報に対して最も詳しく分かりやすい便利なコンテンツが上位に表示されます。

もし、同じようなコンテンツサイトが競合サイトとして作られてていれば、他のサイトよりも質の高いサイトを作らなければなりません。正確でたくさんの情報をユーザーに提供していくためには、比例して文字数も必要になっていきます。

3.ライバルサイトのリサーチを行う。

同じようなコンテンツが競合サイトとしてある場合に、より検索ユーザーにとって利用しやすく求められている情報や機能を備えているコンテンツページにアクセス数が集まります。
競合サイトと比較することで運営するWebサイトの弱み強みを把握し、それらを改善していくことにより、ユーザーの求めるコンテンツに近づけていくことが出来るでしょう。

4.定期的にページを更新する。

Googleなどの検索エンジンでは、”クローラー”と呼ばれるWeb上のファイルを収集するためのプログラムが一定的に巡回しています。このクローラーを元にインデックス(索引)された情報を検索エンジン独自のアルゴリズムによって検索順位がつけられWeb上に反映されていきます。
しかし、クローラーは必ずしも全てのWEBページをもれなく巡回できるわけではありません。公開したページをすぐに発見してくれるとも限らないため、SEOを実施する上ではクローラーにWEBサイトを見つけてもらう対策が必要になっていきます。
そこで誰でも簡単に出来る対策としてはWEBページの更新回数を上げることになります。
毎日更新することでクローラー自体の順回数も増えるため、新鮮さという意味でサイトの評価が上がり、検索順位の上昇にも繋がります。

5.ユーザーが求めているコンテンツにする。

サイト順位を決める上で重要視される一つの事として、”コンテンツの質”が挙げられます。
つまり競合サイトよりも圧倒的に良質なコンテンツを作るだけで検索順位を上位に表示させることが可能とも言えます。
検索ユーザーにとって、必要の無い情報を集めただけのコンテンツは価値の無いものだと見なされ、毎日ページを更新し続けたとしてもそれはほとんどの場合意味を持ちません。よりユーザーが使いたくなる、必要視される良質なコンテンツを作成することにより、検索順位を上げることができるでしょう。