学生のうちに身につけたい!プレゼン3つのコツ

purezen

この記事をご覧の学生さんの中でプレゼンに苦手意識を持っている方は多いのではないでしょうか。
企業に就職する方はプレゼン力があると大きな武器になります。ぜひ今のうちに苦手意識を克服しましょう。
そんなあなたに見てほしいプレゼン3つのコツをご紹介します。

1.WIIFMを明確にする

WIIFMとはWhat’s in it for me?【私にとってどんなメリットがあるの?】の頭文字をとったのもので、
聞き手が最も聞きたいことと言えるでしょう。
プレゼンの内容を考える時はまず、
自分が話したい相手を考え、自分が話すことがいかに相手のメリットになるのかを提示しましょう。
そうすることで相手の興味を引き説得力が大幅にアップします。

 

2.論理化の基本ルールを守る

始め、中、終わりの順番に話すようにしましょう。
始め
メイントピックつまり自分がこれから何について話すのかを簡潔に伝える。

メイントピックをサブトピックに細分化し、各トピックの内容は証拠をあげ論理的に証明します。
終わり
全体を通して何が言いたいのか、聞き手に次のステップとして何をしてもらいたいのかを述べます。

 

3.非言語シグナルを使う

非言語シグナルとは表情、ボディランゲージ、声のトーン等を指します。
アイコンタクト
聞き手の目をしっかりと見ることで相手が興味を持っているのか、質問がありそうかなどを知るのに役立ちます。
同様に聞き手にもあなたの熱意や気持ちを伝えることができるでしょう。
ボディランゲージ
ボディランゲージは特に日本人が苦手とする分野です。しかしジェスチャーを使うことでより熱意や気持ちをつたえられるでしょう。
まずは「大きな」という言葉の時は腕を広げて大きいを表現する等、表現しやすそうな形容詞からチャレンジしてみましょう。

・声のトーン
一定のトーンでは聞き手が飽きてしまうので、
重要な話ほど多いな声でゆっくりと抑揚をつけて相手を惹きつけましょう。

以上のことを資料作りの段階から頭に入れて取り組んでみてください。