学生のうちに身につけたい!コンテンツマーケティングの基礎知識

コンテンツマーケの基礎

近年web業界で、キーワードが頻出しているコンテンツマーケティング。
web業界といっても今となってはwebに関わりのない企業はゼロに等しいでしょう。
業界を問わずこれから就職を目指す学生さんへ、絶対身につけておきたいコンテンツマーケティングの基礎知識をご紹介します。

 

コンテンツマーケティングとは

日本のweb業界におけるコンテンツマーケティングとは、読者にとって価値や興味のあるコンテンツを制作し顧客を獲得するマーケット手法のことです。
ブログや動画、メール配信などがコンテンツとして挙げられます。
これらを目的に応じてコンテンツ形態を選んだり組み合わせて配信することが効果的です。

 

PDCAに基づき作成

PDCAとは【Plan・Do・Check・Action】のことでコンテンツの配信にとっては欠かせないものになります。
【Plan:計画を立てる】
1.ペルソナ(商品やサービスを買ってほしい顧客像)を設定する
2.カスタマージャーニーマップ(顧客が商品やサービスに興味を持って購入するまでのプロセス)の制作
3.KPI(重要業績評価指標)の設定

ここでのポイントはどのような問題を解決したいかを明確にすることです。

【Do:実行する】
1.コンテンツの作成
2.コンテンツのリリース

オウンドメディアを情報のハブとし拡散するケースが増えてきています。

【Check:評価する】
1.KPI(重要業績評価指標)の測定

ここで重要なのが検索エンジンでの表示順位と競合他社比の検索結果シェアです。
なぜ重要かというと検索結果が上位になり、コンバージョン(Webサイトの成果)を獲得しやすいからです。

【Action:改善する】
1.改善ポイントの整理
2.検索エンジンの効果測定

適切な改善を行いコンバージョンを獲得することがコンテンツマーケティングの目標なのです。